Home > 主催事業 > 第1回 日本ホルンコンクール

第1回 日本ホルンコンクール

第1回 日本ホルンコンクール

■第1回 日本ホルンコンクール 2次予選・本選採点結果発表(PDF)

 ・2次予選
 ・本選

■第1回 日本ホルンコンクール 本選結果発表

8月26日から1週間に渡り開催されたコンクールでしたが、参加者約130名の中から6名が本選に出場し、順位が決定しました。

 第1位 大野雄太(新日本フィルハーモニー交響楽団ホルン奏者)
 第2位 藤田麻理絵(新日本フィルハーモニー交響楽団ホルン奏者)
 第3位 豊田実加(東京藝術大学3年)
 第4位 八木健史(山形交響楽団首席ホルン奏者)
 第5位 堀風翔(武蔵野音楽大学4年)
 第6位 小川敦(東京ミュージック&メディアアーツ尚美卒)

副賞として、第1位には70万円、第2位には30万円、第3位には10万円がそれぞれ贈呈されました。審査結果は8名の審査員による厳正な審査(点数)によって決定しました。掲載用資料の準備が整い次第、近日中にホームページ上でも公表致します。

■第1回 日本ホルンコンクール 本選出場者

8月30日(月)、第1回 日本ホルンコンクールの2次予選があり、本選出場者が決定しましたので発表します。

 ◇第1回 日本ホルンコンクール 第2予選通過(本選出場)者(6名・敬称略)◇

  堀風翔
  八木健史
  豊田実加
  藤田麻理絵
  小川敦
  大野雄太

上記6名の方には、9月1日(水)17:00開始の本選で演奏して頂きます。本選での演奏順は、抽選により上記記載の順番に決定致しました。

■第1回 日本ホルンコンクール 第1予選通過者(12名・敬称略)

 田中みどり
 小田原瑞輝
 豊田実加
 橘佑梨子
 宮岸典子
 溝根伸吾
 大野雄太
 小川敦
 鈴木愛
 堀風翔
 八木健史
 藤田麻理絵

上記12名の方には、8月30日(月)の第2予選で演奏して頂きます

2010年7月2日現在

■第1回日本ホルンコンクール 参加者追加募集について

8月に開催予定の第1回日本ホルンコンクールについて、2010年6月末日で参加申し込みを締め切りましたが、若干定員に満たなかった為、追加申し込みを受け付けます。

 追加募集人数:20名程度
 追加募集締切:2010年7月14日(水)必着

申込方法は6月末までの申込分と同様です。定員に達した時点で、募集を打ち切りますので予めご了承下さい。

 2010年7月2日
 日本ホルン協会事務局

2010年6月18日現在

■日本ホルンコンクールについて

4月より応募を開始しております「第1回 日本ホルンコンクール」ですが、現在85名程の応募がございます(6月15日現在)。

締め切りは6月30日(水)までとなっております。応募者が定員に満たない場合、追加で応募を受け付ける場合がございます。その際は当協会ホームページにて告知致しますので、締め切り日前後に、ホームページをご参照下さい。

また、コンクール課題曲について、下記の通りお知らせ致します。

 ■重要!要項訂正について
 日本ホルンコンクールの要項中、1次予選の課題曲(R.シュトラウス / ホルン協奏曲第1番)について、演奏箇所の小節数に誤りがありました。

  誤:冒頭から6小節目まで演奏後、続けて25小節目から231小節目1拍目まで演奏する
  正:冒頭から6小節目まで演奏後、続けて25小節目から131小節目1拍目まで演奏する

 第1楽章ホルンソロの最終音(実音B♭)までの演奏となります。
 お申し込み頂いた皆様、ご参加をご検討されました方々にはご迷惑をお掛け致しました。
 ここにお詫びし、訂正させて頂きます。

 ■2次予選課題曲について
 2次予選曲、西村朗氏作曲による委嘱作品の詳細をお知らせ致します。

  西村朗/ホルン・ソナタ
  出版社:全音楽譜出版社
  定価:1,470円(本体1,400円)
  販売開始日:6月15日(火)

 ※楽曲は3楽章構成ですが、2次予選の課題は1楽章のみとなります。

 日本ホルン協会事務局、全国各地の有名楽器店にて販売致します。
 また、全音楽譜出版社のホームページhttp://www.zen-on.co.jp/
 からもネット通販で購入出来ます(送料別途)。

【日本ホルンコンクール開催】

日本ホルン協会では、2010年に新しいコンクールを開催致します。

本コンクールは、卓越した技術・音楽性のみならず、インターナショナルな演奏スタイルやアンサンブル能力をも問う新しいホルンコンクールで、現場で培われた経験や学術的な研究を基に、選曲から審査員の選考、審査方法まで新たな視点で検討し、真の素晴らしいホルン奏者の発掘育成を行います。また、本コンクールは、日本を代表する作曲家に課題曲の作曲を委嘱し、国際的にも認知されるコンクールを目指します。

下記に概要をご紹介致します。詳細は当協会が発行するコンクール要項・規約をご参照下さい。

第1回 日本ホルンコンクール

● 主催 ●

 日本ホルン協会

● 協力

 昭和音楽大学

● 開催日 ●

 第1予選 8月26日(木)・27日(金) 両日とも9:00より

 ※8月28日(土)・29日(日)(予定):第2次予選リハーサル日
 (一次予選を通過された方はリハーサルをして頂きますが、
  どちらか一日になる可能性があります。
  詳細は決定次第日本ホルン協会のホームページにて発表します)

 第2予選 8月30日(月) 11:00より

 本選 9月1日(水) 17:00より

● 会場 ●

 昭和音楽大学新百合ケ丘キャンパス(南校舎) ユリホール

 【昭和音楽大学 ユリホール】
  〒215-8558 神奈川県川崎市麻生区上麻生1-11-1
  TEL:044-953-1121(代)

  - アクセス -
  小田急(小田原線・江ノ島線・多摩線)
  新百合ヶ丘駅より(全ての急行停車駅) 南校舎- 徒歩4分

  -昭和音楽大学ホームページ-
  http://www.tosei-showa-music.ac.jp/

● 参加資格 ●

 国籍不問。
 2010年9月1日時点の年齢が満40歳未満の者
 (1970年9月2日以降に出生の者)

● 申し込み手続き ●

 所定の申込用紙(コンクール要項に付属のもの)に必要事項を記入し、
 日本ホルン協会宛に送付して下さい。

● 申込期間 ●

 2010年4月15日(木)から6月30日(水)まで
 申し込みは郵送または宅配便に限り、申し込み期間内の必着とする。

● 参加料 ●

 一般26,000円 ホルン協会員21,000円
 公式伴奏者料10,000円
 (希望者のみ。
  第一次予選のみの料金で第二次予選以降も公式伴奏を希望する方はその都度頂きます)

 ※1次の伴奏合わせは前日と致します。
 ※定員は150名とし、多数の場合は先着順で決めます。なお、電話による問い合わせには応じません。
  定員オーバーにより申し込みのできなかった応募者には参加料を返却します。

● 申し込み・問い合わせ先 ●

 〒112-0013
 東京都文京区音羽1-20-13 MBS音羽ビル5F プロ アルテ ムジケ内
 日本ホルン協会 ホルンコンクール係
 電話:03-3943-6677 Fax.:03-3943-6659

 コンクール要項は、都内大手楽器店にて扱うほか、協会事務所でも配布致します(無料配布)。
 配布開始は、3月下旬~4月上旬頃を予定しております。
 要項を送付希望の方は、協会事務局までご連絡下さい。

● 表彰 ●

 予選を通過し、本選に参加した者には賞状を贈ります。
 本選において第1位、第2位、第3位を得た入賞者には賞状及び下記賞金を贈ります。

 【第1位】70万円 / 【第2位】30万円 / 【第3位】10万円

● 受賞者発表演奏 ●

 1位受賞者は、協会主催の演奏会に出演して頂きます。

● 審査員 ●

 樋口哲生・阿部雅人・大野良雄・竹村淳司・中島大之・日高 剛・丸山 勉・村上 哲

● 課題曲 ●

 ◇ 1次予選
  下記の課題曲を演奏すること。

  R.Strauss/Concerto for Horn and Orchestra in E♭ major, op.11 1mov.
  R.シュトラウス/ホルン協奏曲第1番 変ホ長調 op.11より第1楽章
  *冒頭から6小節目まで演奏後、続けて25小節目から231小節目1拍目まで演奏する。

 ◇ 2次予選
  下記の課題曲を(A)(B)の順で演奏する。
  その後、(C)の中から1曲を選択し、(A)(B)に続けて演奏すること。
  (B)については、当協会にて用意する弦楽伴奏での演奏とする。

1.
  (A)協会による委嘱作品(無伴奏):作曲者 西村 朗
  (B) W.A.Mozart/Horn Quintet E♭ major, K.407(386c) 1mov
    モーツァルト/ホルン五重奏曲 変ホ長調 K.407(386c) より第1楽章
    *繰り返しなしで演奏する。出版社はベーレンライター版とする。

  100.
  (C)①E.Bozza/Sur Les Cimes ボザ/頂上にて
   ②P.Dukas/Villanelle
    デュカ/ヴィラネル
   ③H.Neuling/Bagatelle
    ノイリンク/バガテル
   ④R.Schumann/Adagio und Allegro op.70
    シューマン/アダージョとアレグロ op.70

 ◇ 本選

  下記の中から1曲選択して演奏すること。

  ①R.Gliere/Concerto B♭ major for Horn and Orchestra op.91 
   グリエール/ホルン協奏曲 op.91
  ②O.Schoeck/Horn Concerto op.65 
   シェック/ホルン協奏曲 op.65

● 注意事項 ●

・使用楽器について、特に制限は設けない。
 ディスカント管が組み込まれた楽器も使用可とする。
・第1次予選のみ暗譜で演奏すること。
・2次予選のMozart以外は、出版社は任意とする。
・2次予選のMozartの弦楽伴奏の費用は、当協会が負担する。
・委嘱作品の発表・楽譜販売時期は、2010年6月中を予定。
・1次審査はカーテン審査、2次以降は公開審査とする。

Home > 主催事業 > 第1回 日本ホルンコンクール

このページの一番上に戻る